5月 17, 2011

名和 晃平 Swell-Aeron Chair

「Swell」は、インターネットを介して集められた剥製などの モチーフの表面を、化学反応によって自ら膨張する発泡ポリウレタンという素材で覆う作品。2液性の発泡ポリウレタンを容器のなかで素 早く撹拌し、化学反応が始まったらモチーフに垂らしかける。粘り気のある泡状の液体はゆっくり移動し、発熱しながら膨らみ続け、やがて固まる。モチーフを360度回転させながらこの行為を繰り返すと、方向性のない入り組んだ突起と素材特有の鈍いテクスチャーがモチーフの表面を侵食していく。視覚に偏重する現代のライフスタイルのなか、その他の感覚、例えば触覚性の麻痺が起こりがちな我々の感性のメタファーとして、この素材を扱っている。

Swell-Aeron Chair by Kohei Nawa

Swell is the series of work to cover up the surface of motif, such as stuffed specimen that were gathered via internet, with foamed polyurethane which expand by chemical reaction. Beat up the 2-pack foamed polyurethane quickly inside of container and drop them on the motif as soon as the chemical reaction srats. These sticky foamed liquid moves slowly and keep on fluffing, then be harden in time. Repeat this method with spinning the motif in 360-degree and complicated swells in many different directions and sharp texture of material’s peculiar will slowly eat up the motif surface. In the life style of modern to relay on visual, I used this material as our sense of metaphor that often causes tactile paralysis and other senses.

名和晃平(現代美術作家)

1975 年生まれ。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程彫刻専攻修了。京都造形芸術大学准教授。 「ものの表皮」への意識から発し、独自の「PixCell = Pixel(画素) + Cell(細胞・器)」という概念を機軸に、感覚や思考のメタファーとしてのマテリアルを多様な表現に展開する。2009 年より京都・伏見区にクリエイティブプラットフォームとして「SANDWICH」を立ち上げ、自身の作品制作から、au のデザインプロジェクト「iida」や、ミュージシャンのアルバムアートワークや PV、ステージセットなど、携わるプロジェクトは多岐にわたる。 近年の個展に『L_B_S』(メゾンエルメス8階 フォーラム、東京、2009)、『Synthesis』(SCAI THE BATHHOUSE、東京、2010)など。第 14回アジアン・アート・ビエンナーレ・バングラデシュ 2010 最優秀賞。 2011 年6月には東京都現代美術館で男性アーティストとしては最年少で個展を開催する予定。

Kohei Nawa- Modern Art Artist

Kyoto City University of Arts Graduate School as a doctor in Art Research and major in sculpture. Also Kohei is the associate professr at this university. Starting with “epidermides” of things, based on his original concept “PixCell = Pixel l(picture cell)+ Cell(cellura)”, he develops various images of materials as metaphor of sense and thought. In 2009, Kohei founded “SANDWICH” in Fusemi, Kyoto as his creative platform and create his private and other works: “iida”design project of au, art works of musician’s album, PV, stage set and many more. His latest private exhibitions are: “L_B_S” at Maison Hermes Ginza, Tokyo (2009), “Synthesis” at SCAI THE BATHHOUSE (2010) . Kohei received the highest award at 14th Asian Art Biennale Bangladesh in 2010. Kohei holds his private exhibition at MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO in June 2011 as a youngest male artist.

5月 17, 2011
 
鈴木 康広 「空気のためのアーロンチェア」
オフィスで椅子に座る人間の姿勢を工学的な視点から分析し、そのメカニズムを目に見える形にした「彫刻」のようなアーロンチェア。人の体を受けとめ姿勢を形作る「雌型」のようなものとしてとらえ直しました。アーロンチェアが実現する高度なフィット感やバランス性能が行き着く理想の座り心地は、人間の身体が重力から開放され、あたかも空気に腰かけ一体化したような感覚に近いのではないでしょうか。そんな視点から、目に見えない空気を人の形に切り取った風船の座像とアーロンチェアの融合を試みました。人間が空気に身をまかせる姿をイメージした「空気の人」の姿勢に合わせ、通常は固定できないリクライニングをキープできるようにカスタマイズしました。「空気の人」の体内には電動ポンプでつねにその部屋の空気を注入し、その部屋の「空気」が座っているように見立てます。
Aeron Chair for Air by Yasuhiro Suzuki
This unique chair was designed based on the analysis of human posture of sitting down on a chair at an office from technological point of view. The mechanism is formed in this sculpturesque chair. I recognize this chair as to form a female die to catch human body. Aeron Chair provides perfect fit and balance to meet ideal comfort as if human body is released from the gravity and sit on the air and become unifite. From such point of view, I tried to unite the image of balloon cut in shape of human and Aeron Chair. To fit “Air Man’s” posture relax in air, I customized the chair to keep the recline position which normally wouldn’t. Inside of the Air Man, there is an electrical pump to send the air in the room and imagine that the air of the room is sitting on the chair.
鈴木康広(現代美術作家) 
1979 年静岡県浜松市生まれ。2001 年東京造形大学卒業。代表作 に公園の回転遊 具を利用した映像インスタレーション『遊具の透視 法』(2001)の他、『まばたきの葉』(2003)、『空気 の人』(2007)などがある。2009 年羽田空港で開催されたパブリックアートプロジェクト「空気の港」のアートディレクショ ンを担当、『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。2010 年には、瀬戸内国際芸術祭にて『ファスナーの船』を出品し話題を呼んだ。現在、東京大学先端科学技術研究センターを拠点に作品制作に取り組んでいる。この春、原美術館にパーマネントとなる募金箱『泉』 を制作。今秋には、浜松市美術館にて個展の開催が決まっている。
Yasuhiro Suzuki-Modern Art Artist 
Yasuhiro Suzuki was born in Hamamatsu, Shizuoka in 1979 and graduated from Tokyo University of Art and Design in 2001. Yasuhiro’s main works are: “Yugu no Toushihou” image installation using playground equipment(2001), “Mabataki no ha”(2003), “Kuki no Hito” (2007). Yasuhiro was in charge of art direction at “Port of Air” the public art project at Haneda Air Port in 2009 and received Good Design Award with “Zodiac of Departure”. His “Ship of Zipper” was a popular work at Setouchi International Art Festival in 2010. In present, University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology is his base and creates many unique works. In spring this year, his art donation box “Spring” became a permanent art piece at Hara Museum. Yasuhiro’s private exhibition will be held at Hamamatsu Municipal Museum of Art in autumn this year.

鈴木 康広 「空気のためのアーロンチェア」

オフィスで椅子に座る人間の姿勢を工学的な視点から分析し、そのメカニズムを目に見える形にした「彫刻」のようなアーロンチェア。人の体を受けとめ姿勢を形作る「雌型」のようなものとしてとらえ直しました。アーロンチェアが実現する高度なフィット感やバランス性能が行き着く理想の座り心地は、人間の身体が重力から開放され、あたかも空気に腰かけ一体化したような感覚に近いのではないでしょうか。そんな視点から、目に見えない空気を人の形に切り取った風船の座像とアーロンチェアの融合を試みました。人間が空気に身をまかせる姿をイメージした「空気の人」の姿勢に合わせ、通常は固定できないリクライニングをキープできるようにカスタマイズしました。「空気の人」の体内には電動ポンプでつねにその部屋の空気を注入し、その部屋の「空気」が座っているように見立てます。

Aeron Chair for Air by Yasuhiro Suzuki

This unique chair was designed based on the analysis of human posture of sitting down on a chair at an office from technological point of view. The mechanism is formed in this sculpturesque chair. I recognize this chair as to form a female die to catch human body. Aeron Chair provides perfect fit and balance to meet ideal comfort as if human body is released from the gravity and sit on the air and become unifite. From such point of view, I tried to unite the image of balloon cut in shape of human and Aeron Chair. To fit “Air Man’s” posture relax in air, I customized the chair to keep the recline position which normally wouldn’t. Inside of the Air Man, there is an electrical pump to send the air in the room and imagine that the air of the room is sitting on the chair.

鈴木康広(現代美術作家) 

1979 年静岡県浜松市生まれ。2001 年東京造形大学卒業。代表作 に公園の回転遊 具を利用した映像インスタレーション『遊具の透視 法』(2001)の他、『まばたきの葉』(2003)、『空気 の人』(2007)などがある。2009 年羽田空港で開催されたパブリックアートプロジェクト「空気の港」のアートディレクショ ンを担当、『出発の星座』はグッドデザイン賞を受賞。2010 年には、瀬戸内国際芸術祭にて『ファスナーの船』を出品し話題を呼んだ。現在、東京大学先端科学技術研究センターを拠点に作品制作に取り組んでいる。この春、原美術館にパーマネントとなる募金箱『泉』 を制作。今秋には、浜松市美術館にて個展の開催が決まっている。

Yasuhiro Suzuki-Modern Art Artist 

Yasuhiro Suzuki was born in Hamamatsu, Shizuoka in 1979 and graduated from Tokyo University of Art and Design in 2001. Yasuhiro’s main works are: “Yugu no Toushihou” image installation using playground equipment(2001), “Mabataki no ha”(2003), “Kuki no Hito” (2007). Yasuhiro was in charge of art direction at “Port of Air” the public art project at Haneda Air Port in 2009 and received Good Design Award with “Zodiac of Departure”. His “Ship of Zipper” was a popular work at Setouchi International Art Festival in 2010. In present, University of Tokyo Research Center for Advanced Science and Technology is his base and creates many unique works. In spring this year, his art donation box “Spring” became a permanent art piece at Hara Museum. Yasuhiro’s private exhibition will be held at Hamamatsu Municipal Museum of Art in autumn this year.

5月 17, 2011

東信 「Sit on the green」

Sit on the green。

東信(フラワーアーティスト) 

1976 年福岡県生まれ。2002 年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。

また、フラワーアーティストとして国内外で精力的な活動を展開。2005 年からニューヨーク、パリ、ドイツなど海外を中心に個展を開催。2009 年より、植物の可能性をさらに追求する実験的植物集団「東信、花樹研究所」を立ち上げ、植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。東の全てにおける活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけそれを美的なレベルに変換し表現する事で、植物の価値を高める事に一貫している。

Makoto Azuma-Flower Artist

Makoto was born in Fukuoka in 1976. Makoto Azuma has been in the flower business since 2002, and is an owner of the haute-couture floral shop, “JARDINS des FLEURS” in Minami Aoyama, Tokyo. He has been actively participating in art exhibitions all over the world as a flower artist.

5月 17, 2011

永山 祐子 「warp」

白いオフィス空間の中でだんだんと消えていく、あるいはだんだんと現れてくるアーロンチェア。人は時々、日常というタイムラインと平行して流れる非日常のタイムラインを意識の中で行き来する。人と一体化したアーロンチェアも一緒に行き来する。

warp by Yuko Nagayama

In the white office space, Aeron Chair is fading out or fading in. People sometimes come and go in the consciousness between the timeline of ordinary and extraordinary. Aeron Chair, which became one with human, also comes and goes between the time.

永山祐子(建築家)

1975年、東京都生まれ。1998年に昭和女子大学生活美学科を卒業後、青木淳建築計画事務所に入所。2002年 永山祐子建築設計設立。 現在、京都精華大学非常勤講師、昭和女子大学非常勤講師、お茶の水女子大、名古屋工業大学で非常勤講師をつとめる。 主な作品に、ルイ・ヴィトン京都大丸店(2004)、丘のある家(2006)、ANTEPRIMA店舗、カヤバ珈琲(2009)などがある。 主な受賞に、中之島新線駅企画デザインコンペ優秀賞(2004)、つくば田園都市コンセプト住宅コンペ2位(2005)、 JCD デザイン賞奨励賞「ルイ・ヴィトン京都大丸」(2005)、ロレアル 色と科学と芸術賞 奨励賞「Kaleidoscope Real」(2005)、 「a hill on a house」AR Awards 優秀賞(2006)などがある。プロダクトや舞台デザインから建築まで幅広く活動中。

Yuko Nagayama- Architect

Yuko Nagayama was born in 1975. She worked at Jun Aoki Design Office after graduated from Showa Women’s University learning Esthetics in Everyday-Life. She founded Yuko Nagayama & Associates in 2002. Yuko currently works at Showa Women’s University, Ochanomizu University and Nagoya Institute of Technology. Her main works are: Louis Vuitton Kyoto Daimaru (2004), hill on a house (2006), ANTEPRIMA Shop, Kayaba Coffee (2009). The award Yuko received in the pasts are: Best Award at Nakanoshima Shinsen Station Design Competition (2004), The Second Prize at Tsukuba Garden City Concept Housing Competition (2005), incentive award at Louis Vuitton Kyoto Daimaru (2005), incentive award with KaleidoscopeReal at L’Oreal Art & Sience Foundation (2005), AR Awards Highly commended award with a hill on a house (2006), Best Debuetant Award (MFU) at Architect section (2007) Yuko develops her career in various fields from product design to stage design.

5月 17, 2011

早野 洋介 「 椅子の祖形 」

それは大地から身体を切り離し、もう一つの皮膚として再び身体を大地へと繋ぎ止める装置。文明の収束点として必然と現れる幾何学や数学などと、いわや併置されるべき身体の拡張としての第二の被膜。そして身体に与えられたのは自由と拘束身体の文化活動の舞台として、歴史の中で様々な形態を伴って現れる椅子。その舞台の上で、舞い踊った、数え切れない身体を、椅子はネガの被膜として写し取ってきた。そして現代における生産活動:オフィス・ワークにおける身体の拡張として生み出されたアーロン・チェアは、近代の社会に生きる身体の投影。

拡張された身体に与えられた新たなる動き。その動きをさらに加速し、引きちぎられそうな表情を見せる臨界点寸前の第二の皮膚。悶えるように、素材感を失い、狂えるように、時間を剥ぎ取られた第二の被膜の重なりの中で向き合うのは、人類の歴史の中の座る身体と椅子の祖型のみ。祖型に座る身体として浮かぶのは、1000年後の我々の姿。

Ancestor of Chair-by Yosuke Hayano

It is a device to release the body from the earth and re-connect the body to earth as a second skin. It is the second membrane in expand of body which must lay together with geometry and math which appear as convergence point of civilization The chair is given, which appears in our history in different shapes on the stage of cultural activity of release and restraint body. Thousands of body had been danced on such stage and the chairs copied and remembered the body on negatives of membrane. Productive activity in present time: Aeron Chair was born as image expansion of a body in office work. It is a projection of body living in modern society. There is a new movement given to expanded body. The movement gain speed and the second membrane shows expression as it is tearing apart as it move close to the critical point. The second skin is shivering loosing the touch of material and time is peeled off in madness. In such time, only the body sitting on a chair in human history and the ancestor face to each other. There is our own image after 1000 years after is sitting on the ancestor.

早野洋介(建築家)

1977 年愛知県生まれ。2000 年早稲田大学卒業、2001 年早稲田大学芸術学校卒業後、2003 年 AA スクール(ロンドン)において修士号を取得。ザハ・ハディド建築事務所(ロンドン)に勤務後、2004 年馬岩松(Ma Yansong)と MAD を北京に設立。2007 年、東京に MAD Tokyo を設立。現在、早稲田大学芸術学校、東京大学にて非常勤講師を勤める。2006 年、『ニューヨーク・アーキテクチュアル・リーグ・ヤング・アーキテクト賞』受賞、『トロント・アブソリュート・タワー国際設計競技』で一等受賞。『シノ・スティール本社ビル設計競技』一等受賞。2006年、北京798芸術区内東京画廊にて、初の個展『MAD Under Construction』開催。2007年、コペンハーゲンのデンマーク建築建築センターにて、個展『MAD IN CHINA』開催。2008 年の第 11 回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展の企画展『UnEternal City』に出展。現在、トロント・アブソリュート・タワー(トロント)、  オルドス市美術館(内モンゴル)、シノ・スティール(天津)、宮原邸(熊本)などのプロジェクトが進行中

Yosuke Hayano- Architect

Yosuke Hayano was born in Aichi in 1977. He graduated Waseda University in 2000 and after finished Art and Architecture School of Waseda University in 2001, he completed he received master’s at AA School in London in 2003. After Yosuke worked in Zaha Hadid Architects in London, he founded MAD in Beijin in 2004 with Ma Yansong. He founded MAD Tokyo in 2007. Yosuke currently work as an adjunct instructor at Art and Architecture School of Waseda University and Tokyo University. The award he received in the past are: NY Architectural League Young Architect Award in 2006, first prize at Tront Absolute Tower International Design Competition, first prize at Sino Steel Company Building Design Competition. Yosuke held his first solo exhibition MAD Under Construction at Tokyo Gallery in 798 Art Area in Beijin in 2006. In next year, he held a solo exhibition MAD IN CHINA at Denmark Architect Center in Copenhagen. Also his work was exhibited at Un Eternal City, the special exhibition at The 11th Biennale di Venezia International Architecture Exhibition in 2008. Yosuke is presently working on the projects for Toronto Absolute Tower, Ordos Museum, in Mongol, Sino Steel in Tianjin and house of Miyahara in Kumamoto.

Tumblrでのスキな投稿: スキな投稿をもっと見る »